twitter

MotherSpirit PhotoMuseum

2010-08-01
神々の島 奄美

奄美大島が国際会議の会場に選ばれた背景

第8回を迎えるこの会議の日本の開催地を選ぶにあたり、
ホストであるグランマザー・クララは自ら日本全国の聖地をまわりました。
奄美大島が選ばれたのは、奄美の人たちが古来太陽や水など自然や、
自分達の命を今まで繋いでくれた先祖に常に感謝し、
手を合わせることを忘れずに生きてきたからです。
”出会いは神の引きあわせ”という、出会った人たちを尊び大切にする言葉が、
奄美にはいまだ生き、それは日々の祭り、儀式の中に受け継がれてきています。
近年は森林伐採などの環境問題や奄美群島の徳之島への米軍移設問題など、
グランマザー達が憂える課題はやはり存在します。
それでも、島を訪れる人々に、思いやりを尽くす心遣いが島の人々にはあります。
グランマザーたちの祈りを世界に届ける場所として、
最もふさわしいとのことから奄美大島での開催が決定いたしました。


(PHOTO Vin Oota)